マグマロック工法 マグマロック工法mini・NGJ マグマロック工法NGJ スナップロック工法S スナップロック工法ML

スナップロック工法ML

基本仕様
1.修繕範囲
@管きょのクラック・継手部分の浸入水の止水
A内水圧管の漏水の止水

2.対象管きょ
@下水道管きょ全般(陶管・ヒューム管・塩ビ管・鋼管・FRPM管)
A管きょ内水圧仕様管

3.適用管径
@スナップロック工法S
Aスナップロック工法ML
B内水圧仕様管
φ200mm〜700mm
φ800mm〜3500mm
φ800mm〜3500mm

4.標準適用範囲
適用範囲 スナップロックS
小口径管
スナップロックML
大口径管
修繕巾 300mm〜400mm 400mm
管きょ不陸角度
管継手部分の隙間 100mm 100mm
管継手部分の段差 4.0mm 4.0mm
浸入水圧 0.1MPa 0.1MPa
施工水深 管径 1/3 管径の25%以下
(φ1650以上は最大水位40cm以下)
内水圧漏水 0.2MPa 以上
※φ700スナップロックSのみ巾400mm仕様

5.認識番号
スナップロック本体には、ステンレススリーブの内面に認識番号が刻印されている。
@番号管理台帳により製造時期及び納品個所の管理を行っている。



スナップロック工法ML 施工手順
1. 事前処理工
設置箇所のモルタル除去・段差調整(モルタル仕上げ)を行います。

2. マンホール内組立工
仮設台の上でステンレススリーブとゴムスリーブの仮組を行い、設置箇所まで運びます。

3. 設置工
専用油圧ジャッキを使用し、拡径・固定します。

スナップロック工法ML 施工写真

[水密性能試験]

戻る  先頭へ

(C) 2013 日本スナップロック協会