マグマロック工法 マグマロック工法mini・NGJ マグマロック工法NGJ スナップロック工法S スナップロック工法ML

マグマロック工法


基本仕様
1.適用対象
●管きょのクラック、継手部分の浸入水の止水と耐震化
●内水圧管の漏水の止水と耐震化
●マンホールの継手部の止水と耐震化

2.適用箇所
●既設管きょ 鉄筋コンクリート管、ダクタイル管、鋼管、FRPM管
●マンホール 直壁(円形)

3.適用範囲
●管きょ   呼び径 800〜3500
●マンホール 内 径 900mm〜1800mm

4.標準仕様
標準仕様一覧表
項 目 管きょ マンホール
材料幅 310mm 190mm
有効幅 160mm 120mm
隙間、破損クラック幅 130mm 100mm
継手部の段差 5mm 5mm
外水圧 0.1MPa 0.1MPa
内水圧 0.2MPa
施工時の水深 管径の25%、最大40cm
標準寸法を示す

5.耐震性能
マグマロックの耐震性能
項 目 性 能
水平抜出し量 37mm
屈曲角 0.8度
水密性 外水圧 0.1MPa

マグマロック工法 施工手順〈管きょ〉
1. 事前処理工
設置箇所のモルタル除去・段差調整(モルタル仕上げ)を行います。

2. マンホール内組立工
仮設台の上でステンレススリーブとゴムスリーブの仮組を行い、設置箇所まで運びます。

3. マグマロック設置工
専用油圧ジャッキを使用し、マグマロックを拡径・固定します。

マグマロック工法 施工手順〈マンホール〉
1. 事前処理工
設置箇所のモルタル除去・段差調整(モルタル仕上げ)を行い、不快マンホールの場合は足場を仮設します。

2. マンホール内組立工
仮設台の上でステンレススリーブとゴムスリーブの仮組を行います。

3. マグマロック設置工
専用油圧ジャッキを使用し、マグマロックを拡径・固定します。

マグマロック工法・施工写真
マグマロック工法 設置完了(管きょ継手部連続施工)   マグマロック工法 マンホール用 設置完了

[水密性能試験]

戻る  先頭へ

(C) 2013 日本スナップロック協会