マグマロック工法 マグマロック工法mini・NGJ マグマロック工法NGJ スナップロック工法S スナップロック工法ML

マグマロック工法mini・NGJ


ミニマグマの耐震性能
項 目 性 能
水平抜出し量  既設管:30mm(呼び径350以上は37mm)
 更生管(自立管):110mm
屈曲角  既設管:0.9°
 更生管(自立管):2.4°〜8.5°
水密性  外水圧:0.1MPa

既設管にマグマロック工法を設置した場合
@水平抜け出し量 37mm(呼び径φ300以下は30mm)
呼び径(D) 屈 曲 角(° )
φ200〜φ700 0.9000 0° 54’ 00”
φ800以上 0.8000 0° 48’ 00”

更生管(自立管)にマグマロック工法mini・NGJを設置した場合
 @水平抜け出し量 110mm
 A屈曲角 2.4°〜8.5°
 (複合抜け出し量 頂部 110mm、底部 140mm相当)
呼び径(D) 屈 曲 角(° )
φ200 8.5307 8° 31’ 50”
φ250 6.8428 6° 50’ 34”
φ300 5.7106 5° 42’ 38”
φ350 4.8991 4° 53’ 56”
φ380 4.5139 4° 30’ 50”
φ400 4.2892 4° 17’ 21”
φ450 3.8141 3° 48’ 50”
φ500 3.4336 3° 26’ 00”
φ530 3.2394 3° 14’ 21”
φ600 2.8624 2° 51’ 44”
φ700 2.4540 2° 27’ 14”

水平抜出し量 110mm

マグマロック工法mini・NGJ適用標準仕様一覧表
  項 目 内 容 備 考
1 適用条件  耐震構造を有しないマンホ−ルと管きょの接続部。  設置位置概要図参照
2 適用管種  既設管:鉄筋コンクリ−ト管、陶管
 更生管:既設管が鉄筋コンクリ−ト管、陶管であること。
 
3 適用管径  呼び径:200〜700  
4 設置箇所  マンホ−ル外壁から500mm以内の位置。
 胴巻きコンクリートがある場合は、
 その端部から500mm以内の位置とする。
 端部の位置が不明の場合は、
 調査が必要。
5 誘導目地の
切削深度
 既設管:φ200〜φ450→管厚−10±3mm
 既設管:φ500〜φ700→管厚−15±5mm
 更生管:φ200〜φ450→
     (既設管+更生材厚さ)−10±3mm
 更生管:φ500〜φ700→
     (既設管+更生材厚さ)−15±5mm
6 切削後の処理  切削部はシ−ル材を充填  
7 施工時の水深  管径の1/3以下  
8 施工時の流速  1.0m/s以内  
9 その他の条件  コンクリ−ト基礎、鉄筋コンクリ−ト基礎で
 直接既設管を受けている場合は、検討を要する。
 図書等で確認が必要。

マグマロック工法mini・NGJ設置位置概要図

マグマロック工法mini・NGJ 施工手順
1. 事前調査工
管内水位・流速を確認し、設置箇所の管内径・継手位置の確認を行います。
また、事前処理として設置箇所の状況により事前処理(清掃等)を行います。

2. 誘導目地設置工
所定の深さまで誘導目地の切削を行います。

3. シール材充填工
止水栓を設置し一時的に止水を行い、切削した目地にシール材を充填します。

4. ミニマグマ設置工
シール材が固化後、専用油圧ジャッキを使用し、ミニマグマを拡径・固定します。

マグマロック工法mini・NGJ 施工写真
誘導目地切削状況
誘導目地切削状況
  設置状態
誘導目地にミニマグマを設置した状態

戻る  先頭へ

(C) 2013 日本スナップロック協会