災害復旧に活躍するスナップロック

近年、度々襲う大規模地震は、一瞬にして都市機能を破壊し、長期にわたって生活環境を麻痺させます。一旦傷ついた機能をいち早く復旧させるために、過酷な条件下でも短時間に機能回復できる修繕工法「スナップロック工法」は、これまでに多くの実績があります。



熊本地震によるヒューム管を対象とした管種別被害内容


市街地の被害状況 (マンホールの浮上)


郊外の被害状況 (マンホール周辺と管路に沿って路面の沈下)


ヒューム管に発生したひび割れ個所の復旧(修繕)実施例



戻る